ネット

冷静な判断力

冷静な判断力

(公開: 2014年8月11日 (月)

ようやく始める時という場合では、何よりも事前調査をしなくてはいけません。

トレードを始める前であったならば起こる事を冷静に観察する事が可能です。

しかし、ひとたび市場の中に踏み込んでしまうと、どう工夫しても捉え方が独りよがりになる場合があり時々真っ当な判断が分からなくなるリスクがあります。

 

その分自らの精神が客観的なうちにきちっと準備をしておくことが大切です。

この"j事前準備"のためには、最初は自分だけの脚本を記す事から手をつけます。

 

これからのあの通貨はこうだからこの外貨を買う(あるいは売る)というような自分だけのストーリー展開を考えていきます。

その次は相場をチェックする事です。

 

今までのレートの上げ下げを見定めて今の相場を確認します。

 

そうすれば、「今日は結構安い状況にあるな」それとも「多くの投資家の方々が売買しているからこの後自分がしかけてももう遅すぎるな」ということが納得できます。

当たり前ですが取引するのがなすすべがないと思っていたら、仕かけないで、そこのところはきっぱりと吹っ切ることが肝心です。

 

どうやっても自らのストーリー展開を引き下げないで強引に新規エントリーすると外国為替相場に跳ね返されてしまい、反対に損害を受けることになる危険性があります。

 

そうは言っても大体のケースで緻密な台本を思い描いていくと、仕かけるのが遅すぎるという具合にはならないでしょう。

大方、リアルにマーケットが上下動する前のはずです。

 

更に、差し当たり自分がとろうと検討している通貨ペアの上下動を、きちっと点検する事が大事です。

ドル高に向うはずだというシナリオを考えたのであれば、ドル円の上下動に注意を払っておきます。

http://a0xpsbgt.anime-movie.net/

為替相場の上下動を注意を払い始めた段階では、まだ該当の通貨ははっきりと変化する素振りを見せることはなく細かい変動をしているだけでしょう。

 

だけど、その変動を正確に確認しているとある位置でゆっくりと円安の方向へと外国為替市場が変化し始めます。

 

この状況で、ドルの注文をします。

基本的に、そこまで事前の準備をやっておけば、その取引で稼げる率はぐっと高まるはずだ。