2014年8月

額の生え際がかなり後退してきた

額の生え際がかなり後退してきた

(公開: 2014年8月22日 (金))

額の生え際がかなり後退してきました・・・。これって世間でよく言われるM字ハゲっていうことなんだと思いますが、実際に自分がなってみるとものすごく人の目が気になります。半年ぐらい前は何とも思わなかったのに、最近は抜け毛の量が増えてしまい、どんどん額が広くなっていくので辛いです。

通販でM字ハゲ専用の育毛剤を購入したのですが、使用して三ヶ月、なんとなく額の生え際から毛が生えてきたような気がしています。育毛剤を使用するのはこれが初めてですが、値段も高いですし、効果があってほしいと願っています。

M字ハゲも悩んでいるのですが、よく見たら頭頂部もけっこう薄くなってきているなぁと発見してショックです。髪の毛が弱々しかったのですが、ハリが出てきたような気がするので、このまま使い続けようと思っています。

使用して1年ぐらい経ったら、フサフサになっていないかなぁと淡い期待をしています。育毛剤って色々な種類がありますが、効果のある育毛剤を購入できてホっとしています。

M字 発毛

カーテンで贅沢するという意味がわかります

カーテンで贅沢するという意味がわかります

(公開: 2014年8月19日 (火))

カーテンは引越しなどを行うと必要になることが多いものですが、カーテン選びはとても大変なものです。デザインやメーカーを選択することも難しいですし、そもそもカーテンにどれくらいの予算を持つか、という点も人によって異なります。カーテンにはそんなにお金をかけない、という人もいれば、カーテンはそれ程頻繁に購入するものではないし、良いものを買いたいという人もいます。

 

ココリュクス

 

こういったショールームに行くと、カーテンで贅沢する人の気持ちが少し理解できるようになるかもしれません。それくらい、ショールームが華やかで、内装の一部としてのカーテンが欲しくなります。予算の兼ね合いはもちろんあると思いますが、ショールームでいろいろと相談もできますし、一度行ってみるのも良いですね。


冷静な判断力

冷静な判断力

(公開: 2014年8月11日 (月))

ようやく始める時という場合では、何よりも事前調査をしなくてはいけません。

トレードを始める前であったならば起こる事を冷静に観察する事が可能です。

しかし、ひとたび市場の中に踏み込んでしまうと、どう工夫しても捉え方が独りよがりになる場合があり時々真っ当な判断が分からなくなるリスクがあります。

 

その分自らの精神が客観的なうちにきちっと準備をしておくことが大切です。

この"j事前準備"のためには、最初は自分だけの脚本を記す事から手をつけます。

 

これからのあの通貨はこうだからこの外貨を買う(あるいは売る)というような自分だけのストーリー展開を考えていきます。

その次は相場をチェックする事です。

 

今までのレートの上げ下げを見定めて今の相場を確認します。

 

そうすれば、「今日は結構安い状況にあるな」それとも「多くの投資家の方々が売買しているからこの後自分がしかけてももう遅すぎるな」ということが納得できます。

当たり前ですが取引するのがなすすべがないと思っていたら、仕かけないで、そこのところはきっぱりと吹っ切ることが肝心です。

 

どうやっても自らのストーリー展開を引き下げないで強引に新規エントリーすると外国為替相場に跳ね返されてしまい、反対に損害を受けることになる危険性があります。

 

そうは言っても大体のケースで緻密な台本を思い描いていくと、仕かけるのが遅すぎるという具合にはならないでしょう。

大方、リアルにマーケットが上下動する前のはずです。

 

更に、差し当たり自分がとろうと検討している通貨ペアの上下動を、きちっと点検する事が大事です。

ドル高に向うはずだというシナリオを考えたのであれば、ドル円の上下動に注意を払っておきます。

http://a0xpsbgt.anime-movie.net/

為替相場の上下動を注意を払い始めた段階では、まだ該当の通貨ははっきりと変化する素振りを見せることはなく細かい変動をしているだけでしょう。

 

だけど、その変動を正確に確認しているとある位置でゆっくりと円安の方向へと外国為替市場が変化し始めます。

 

この状況で、ドルの注文をします。

基本的に、そこまで事前の準備をやっておけば、その取引で稼げる率はぐっと高まるはずだ。

 


メンタルを鍛える

メンタルを鍛える

(公開: 2014年8月 8日 (金))

ようやく仕かける時という場合では、何をおいても事前調査を怠ってはならない。

売買を始める前であったら場面を冷静に調べる事ができるゆとりがあります。

 

ところが、ただ一度マーケットの内側に飛び込んでしまうと、どうあがいても見え方が独りよがりになる事が多く、時としてしっかりとした状況判断ができなくなる不安があります。

それゆえに己のメンタルが冷静な時にきちっと事前準備が重要です。

 

"事前準備"とは、とにかく自らのストーリー展開を描くことから始めます。

マーケットはこうなってああなるからランドを売買するというような、自分の筋書きを書いていきます。

 

次は為替チャートを見ましょう。

 

過去のマーケットの上下動を見つめて現時点の値動きを見ます。

 

そうすれば、「だいぶ低い水準にあるな」他には「すでにたくさんの人々が売買しているから今さら急にエントリーしてももはや手遅れだな」ということが見えてきます。

 

言うまでも無くもはや売買するのがやりようがないと考えたならば、何もせず、この状況ではすっぱりと吹っ切ることが大事です。

 

どうやっても自分自身のストーリー展開を押し通そうとして、無理やり注文すると市場に押し返されてそればかりか損害を受けることになる可能性があります。

 

ただ大体の場面で準備が整った自身のストーリー展開を描いていれば、売買が遅いなという場面にはなりません。

 

大方、リアルに相場が動意する前のはずだから。

更に、差し当って自分がエントリーしようとする外貨ポジションの変化を、きちんと把握する事が不可欠です。

 

FXでドル高になると予想するシナリオを考えたのであれば、その通貨の動きに用心しておきます。

 

外国為替市場の変化をチェックし始めた段階ではドルは誰の眼にも明らかに上げ下げする雰囲気を見せないで、上や下に細かい上下動をしているだけでしょう。

 

しかしながら、その上げ下げをしっかりと注目しているとあるポイントで着実に、ドル高の方向へと外国為替市場が推移し始めます。

 

この場面でいよいよ、ドルの新規注文を出すのだ。

 

通常は、これだけ事前の準備をすれば、その売り買いで儲ける割合は相当高くなるはずです。

 


がんばろう!

がんばろう!

(公開: 2014年8月 7日 (木))

免責不許可事由とは破産が出された人に対し、このような事項にあたっている場合は債務の帳消しは認めないとする原則を指したものです。

 

極端に言うと完済が全然できないような場合でも、この免責不許可事由に該当する方は借金の帳消しが受理してもらえない場合もあるということです。

 

だから破産申告を出して免責を勝ち取ろうとする方における、最大の関門がいわゆる「免責不許可事由」ということなのです。

 

これは主となる条件の概略です。

 

※浪費やギャンブルなどで、極端に財を費やしたり、巨額の債務を負ったとき。

 

※破産財団に含まれる私財を明らかにしなかったり、意図的に破壊したり貸方に不利益を被るように手放したとき。

 

※破産財団の金額を虚偽に水増しした場合。

 

※破産に対して責任があるのに、それらの債権を有する者にある種の利をもたらす意図で担保を供したり、弁済期より前に借り入れを支払ったとき。

 

※ある時点で返すことができない状態にあるのに現状を伏せて貸し手を信じさせてさらに融資を求めたり、クレジットカード等を使用してモノを買ったとき。

 

※虚偽の債権者の名簿を法廷に提出したとき。

 

※免除の申し立てから過去7年間に免責を受けていた場合。

 

※破産法のいう破産者の義務内容に反したとき。

http://plaza.rakuten.co.jp/haig88es/

以上8つの点に含まれないことが条件とも言えますがこれだけを見て実際の例を思いめぐらすのは、特別な知識と経験がないようならハードルが高いでしょう。

 

さらに、浪費やギャンブル「など」と書かれていることから分かると思いますがギャンブルは数ある例のひとつで、他にも実例として言及されていない内容が星の数ほどあるというわけなのです。

 

ケースとして言及していない場合は、ひとつひとつのケースを定めていくと細かくなってしまいケースとして書ききれないようなときや過去に出された裁判の判決による事例があるため、個別のケースがこれに当たるのかどうかは専門家でない人には通常には見極められないことがほとんどです。

 

しかし、まさかこの事由に当たるものなどと考えもしなかったような時でも判決をいったん宣告されてしまえば判定が元に戻されることはなく返済の責任が残ってしまうばかりか破産者という名の社会的立場を7年ものあいだ背負うことになってしまいます。

 

ですから、このようなぜひとも避けたい結果を回避するために破産を検討しているステップでわずかながらでも不安を感じる点や理解できない点があれば、ぜひ破産に詳しい弁護士に連絡を取ってみて欲しいのです。

 


ドローンの花火

ドローンの花火

(公開: 2014年8月 5日 (火))

アマゾンが今宅配で新しく使おうとしているドローン。

無人で空中を配達するロボットですが、このようなヘリを活用した面白い動画知っていますか?

花火をやっている空中に向け、カメラを積んだヘリを突っこませて撮影を行う、通称エクストリーム花火。この動画ややばいです。

さながらスターウォーズの戦闘シーンをみているようで、これホントに特撮じゃないのって思うほど奇想天外な動画に仕上がっています。

花火って言ってもでかい花火は、ほとんどミサイルのようなものですから、直撃すれば墜落するはずです。

微妙に避け切ったのはさすがと言えます。ただ単に運が良かっただけかもしれませんが・・・。

こういった試み、海外では多く試されています。日本でもいろんなチャレンジをして欲しいですね。

http://ameblo.jp/n9fejoides/

こちらもアメブロもよろしくです。